個別記事の管理2011-02-07 23:37 (Mon)
先日、8千円でゲットした古い高級メーカーの椅子が、40年ほども前のビンテージもののリビングチェアだというのが判明した話を書きました。
椅子が届いた時の写真をもう1度。
morishigei-isu.jpg

クッションの色あせやへたり以外は、とても何十年もたってる椅子に見えません。
木の部分は塗装はげもなくつやつやですし、がたつきもありません。少々の小傷はありますけど。
足の短い(笑)私にちょうどいい、低めの座面も気に入ってます。

ぜんぜんガタはきていませんけど、ちょっとクッションの劣化が気になります。中にはバネも入ってるんですけど。
ネットでいろいろ座面の張り替えについて調べてると、このまま劣化したクッションのまま使い続けるよりも、ちゃんとウレタンごと座面張り替えてバネも調整してもらったほうが、安心して使えるかなーと考えました。

ネットでバネのこと調べてたら、バネがこわれてへこんだ椅子の写真とか発見しちゃったりして、こうなってから修理とかのほうが大変かもと(^^;

椅子の詳細を調べてくださった安田屋家具店さんにお願いしようと思ってましたが、家具屋さんが岐阜ということもあり、椅子の張り替えだけなら、送料安くすむ近くの職人さんを検索で探してお願いした方がいいですよと、アドバイスいただきました。


それで検索して、見積もり依頼したのが「AZUMA」さんです。埼玉なら県内ですし。
http://www.azuma-kako.co.jp/

たくさんの古い椅子を修理してるようですので、信頼できるかなーと思いました。

なにやら大変なことになってる、こんな椅子まで直せるみたいです(汗)
http://www.azuma-kako.co.jp/area_3/no/K5732/

サイト内の案内を読んで、だいたいの値段の検討はついたんですけど、見積もり依頼してみました。


ウレタンと生地を取り替えてバネを吊り直して、送料別で3万円ほど。


うーん(´・ω・`)さんまん……やっぱそのくらいしますか。


ううううううううーん(´д`;)


見積もりいただいてから、しばらく悩みました。
でも、3万プラス送料で、世界にただひとつのオリジナル仕様の椅子になるわけです。
しかも新品同様になるんですよ。

モリシゲの椅子の新品なんて、シンプルなダイニングチェアでも10万の世界です。
現代のモリシゲのリビングチェアの一例です(笑)
http://bb.epox.jp/item_data/18572/?ct=481

40年でびくともしないフレームの椅子なんだから、10年20年使えるはずだなー、もしかして私がおばーちゃんになる頃でも使えてる?と考えて。

思い切って張り替えの方向で、電話でも問い合わせてみました。

生地をいろいろ見て検討したいと伝えて、サンゲツの生地の見本帳を送っていただき、お借りすることが出来ました。

kijimihontyou.jpg
どーん。

CDの幅とほぼ同じ厚みです。でかいです。

気になる生地がいくつかあり、その中でも特に気になる生地を抜粋して「AZUMA」さんに連絡。
サンプル帳よりも大きな生地見本を手配していただけました。


見本が届いたら続き書きますね♪


あ、ブログ村の一人暮らしランキングで、現在2位になってます(汗)
ありがとうございます。
昔の部屋の騒音の思い出話で、いつもより多めのランキングクリックいただいたおかげだと思います。
そのポイントの期限がすぎたら、たぶんすこんと順位落ちると思います……(笑)
騒音で悩んでる集合住宅暮らしの方が、読んでくださったんだろうなぁ……と思いました。
管理会社や大家さんに、騒音被害はまずちゃんと伝えましょう!(^^;「管理」するのが、管理会社や大家さんのお仕事ですので。


FC2 Blog 一人暮らしブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村「一人暮らし」に参加してます。

ポチッと応援お願いします♪

Theme : 日々のできごと * Genre : ライフ * Category : 椅子張り替え話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |