個別記事の管理2011-10-10 00:21 (Mon)
うちはすごく古い物件なので、部屋には鴨居も長押もあるという、昔の日本の部屋の作りです。
長押といってもひっかける部分がなくて、壁に埋め込まれた木という感じの状態なので、長押フックとかは使えないので残念ですけど。

それでも、突っ張り棒をひっかけるには便利です。

玄関口に突っ張り棒でつけてるカーテンです。
つなみに無印の綿平織プリーツカーテンです。旧居でも玄関で使ってたものを再利用してます。
nagesi3.jpg

こんなふうに突っ張り棒がひっかかる分、落ちにくい安定感があるんですよ。

風呂場前の洗濯機のところにも突っ張り棒つけて、洗濯物を少量干せるようにしてます。
風呂の戸はベランダのドアとかで使われてるような、つまんないドアなんですけど(^^;ドアまわりの枠はこんなふうに木の作りで気に入ってます。
nagesi4.jpg

落ちてくる心配ないから、洗濯物も気軽に干せます。

鴨居も活用。
nafesi2.jpg

これはベランダ窓の近くなんですが、突っ張り棒の片側を鴨居にのせて、もう片方はカーテンレールの上に乗せてます。
カーテンレールが傷まない程度の重さの洗濯物は干せます。

夏場はこの棒にソーラーランタンひっかけて、キャンプ気分とか遊んでました(笑)
http://piyolife2.blog118.fc2.com/blog-entry-235.html

鴨居があると、上着とかこんなふうにかけておけますし。
nagesi1.jpg

旧居も古めだったんですけど、和室のくせに部屋の作りはほぼ洋室で。
フローリングカーペット敷いたら洋室にしか見えないのは良かったんですけど、室内にあっちこっちでっぱった部分はあるし、石膏ボードの壁だから弱いので、突っ張り棒つけても重さあるものはかけられないし(^^;
その点がちょっと不便でした。

花粉症だから室内干ししか出来ない季節もあるので、しかたがないので、台所に床と天井で突っ張る物干をわざわざ購入して設置して、洗濯物を干してたんですよ(涙)

今の部屋に引っ越してきて、花粉症の季節、室内干しがものすごくラク!とうれしかったです(笑)


石膏ボード+壁紙の壁は、無理にぎゅうぎゅう突っ張ると、石膏ボードが割れて穴があきますので、賃貸だと退居の時に修繕費弁償になるので、切実に注意してください(汗)
特に古い物件の場合、石膏ボードも弱いかもしれないので。

うちはコンクリの塗り壁なので、壁も頑丈なのがいいところです。
そのかわり画鋲させませんけど(笑)

でも長押の部分に古い住人達がさんざん釘やネジを使ってますし、フックシールの跡だらけなのが写真でもわかりますね(笑)なので、私もある程度気軽に木の部分には画鋲させますけどね♪

よく古い物件が、和室を洋室にリフォームされてるのに壁が和風のまま?みたいな物件がありますけど。

なんか洋室なのに和室っぽい!という理由だけで、嫌ってしまうのはもったいないです。

実は生活の上でこんなふうに便利な部分もありますので、嫌わずに候補にしてみると選択肢が増えるかもしれませんよ♪




FC2 Blog 一人暮らしブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村「一人暮らし」に参加してます。

ポチっとランキング応援していただけると、はげみになります^^♪





Theme : 小さな幸せ * Genre : ライフ * Category : 古い物件注意点
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by koo
ぴよさん、こんにちは。
コメントどうもありがとうございました。
より、知識が深まりました。(専門用語は残念ながら憶測です^^;)

ぴよさんも、古い賃貸に住んでるのに全然環境が違いすぎて反省です。
早く、もっともっと整理しなくちゃと思いました。

部屋干しも工夫するといろんな干し方ができるんですね。勉強になりました!

* by ぴよ
コメントありがとうございます。
す、すみません、人様のブログで熱く語ってしまいまして(汗)

うちも整理しなくちゃと、いろいろ模索中ですよ(^^;
小物好きだから、ついごちゃごちゃしてしまいますので。
古くても工夫でなんとかなるはず!と思って、ちまちまといじってますが、なかなかすすみません。
今もベランダ工事という邪魔が入って、室内が鉢だらけです(泣笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する