個別記事の管理2011-09-20 20:33 (Tue)
いつも駅まで自転車なんですけど、雨の日はバスを使ってます。

今日も雨なのでバスで帰宅。
駅のバス停から乗ってきた人数が少なめで、席もいっぱいあいてます。

そんな状態でバスが走り出すと、すぐにピンポーンと鳴ってびっくり。次のバス停で降りる人に遭遇するのって、初めてだったんですよ。

席あいてるけど立ってる男性がいたので、ああこの人かな?すぐ降りるから座ってないのかなぁとなんとなく思いつつ。
次のバス停でバスが止まり、ドアがあきました。

あ、あれ?誰も動きません。

「降りる方はいませんかー?」と、運転手さんが声をかけても誰も答えません。

もしかして間違えて押しちゃったのかなぁと思ったら、運転手さんもそう思ったのかドアをしめて走り出そうとした瞬間。

ピンポーンピンポーンピンポーン

走り出す瞬間に止めたようで、がくんっとバスが揺れました。

またドアが開き、客席のほうを振り返る運転手さん。
でも、やっぱり誰も動きません。

運転手さんが前を見てドアを閉めると。

ピンポーンピンポーンピンポーン

ピンポーンピンポーン

ピンポーンピンポーンピンポーン

な、何?Σ(゚Д゚;)


立て続けに鳴り続ける音に、いたずら!?と見回しても大人しかいませんし、乗客はみんなちょっと困惑した不安げな表情で、きょろきょろしている人ばかり。

どう見ても、誰もいたずらしてる感じはしません。

ちょ、ちょっと(((( ;゚Д゚))))かんべんしてよ、何これ。

実はドコモのエブリスタで、不動産屋さんの小説というかエッセイを読んでいて、退居者にこの部屋毎日幽霊が出るとか言われて不動産屋さんが調べに行くという感じのシーンを読んでたところだったんですよ。

なんでこのタイミングでこんな変なことが起きるんですかぁぁぁ!
・゚・(ノД`)・゚・。

と、びびりすぎて若干泣きそうになって、降ります降ろして!!と言いそうになったところに、運転手さんが言いました。



「えー、たぶん優先席付近に座ってる方だと思いますが、荷物で押して鳴らしてる方いませんかー?」


乗客の視線が、一斉に優先席へ。


優先席に座ってるのは、おばちゃんひとりです。
おばちゃん、買い物帰りなのかいっぱい袋を持っています。

大注目状態で、えっ!という表情になったおばちゃんが荷物を持ち上げると、チャイムが止まりました(^^;
手すりのような部分にあるボタンの上に、荷物を乗せてしまってたようです。

運転手さんも「たぶんあなたが押してます」とかズバリ言えなくて、困って優先席付近とかぼかして言ったんですね(笑)

申し訳なさそーに、おばちゃんが乗客にぺこぺこ頭をさげて、バスが走り出しました。

ああ、怪奇現象じゃなくてよかったー。
怖くてバスに乗れなくなっちゃうじゃないですか(汗)

びっくりさせないでくださいよー。


ちなみにエブリスタ、パソコンからだと小説は無料で読めてしまうんですねー。
読みにくいですけど(^^;

不動産屋さんのエッセイ小説です。おもしろいですよ♪
http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=7450081&_from=top_osusume




FC2 Blog 一人暮らしブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村「一人暮らし」に参加してます。

ポチっと応援していただけるとはげみになります^^♪






Theme : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) * Genre : 日記 * Category : 日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する