個別記事の管理2011-09-20 00:30 (Tue)
数ヶ月前に職場の後輩が部屋探しして引っ越したんですけど、内見の時の話で笑い話がありました。

築20数年の部屋を見に行ったら、壁がコンクリートだったそうです。

ああ、なんか昔コンクリート打ちっぱなしとか流行った時代があったはず、と思ったら。

後輩が「いや、なんか違うんですよ……コンクリート柄なんですよ……」

最初何言ってるのかわからなかったんですけど、石膏ボードの壁に、コンクリート壁柄の壁紙が貼られた部屋だったそうです。

うーん(^^;な、なぜその柄を選ぶのか???

たぶん大家さんは、それがかっこいい、差別化になって早く住人が入るとか思ったのかもしれません。
でも結果は「ちょっとあれは引いちゃいました、なんで白い壁紙じゃないのかと(笑)」な結果に。

でも、賃貸物件って白い壁紙が無難だと思うんですけど。
トイレの一部分だけアクセント壁紙とかならわかりますけど、メインの部屋の壁紙が個性的すぎるのは、借りる側としては「なにこれ(汗)」「ど、どうしよう(汗)」な反応になることもあると思うんですよ。

私は不動産屋さんや大家さん業の人のブログを見るのが好きなんですけど、たまに「かっこよくリフォームして早く住人を入れたい」「こうすればきっと若い人に受けて部屋を決めてくれる」という目的で、部屋をすごい状態にして、かわった照明器具をつけて、「かっこよくなった!これなら!」とか大家さんがご満悦の記事を見て、ええええええっと思うことがあります(笑)

そして「内見がありましたけど決まりませんでした、むずかしいです」とか。

そんな派手な色とか、派手な大柄の壁紙とか、落ち着きませんよ(^^;
でも大家さんが必死に部屋をきれいにしようとしてるのが、読んでてわかるので、気の毒になります。

世の中には黄ばんだヤニだらけのエアコンさえ取り替えたくないケチな大家さんもいっぱいいるので、そういう大家さんよりずっとすばらしい大家さんだと思います。

「うわー、これがこんな素敵な部屋になったのか!」という記事もいっぱいあるんですけどね。

今、古い物件は借り手がなかなかつかないからと、大家さんもいろいろと四苦八苦な時代のようです。
あまり家賃を下げたくない(住人のレベルを落としたくない、外国人お断り等)と、フルリフォームするしかない現実があるんですよね。
でも、たぶん借りる側の求めるものと、大家さんのセンス(汗)との間には、大きな壁があるのかもしれません。

リフォームで若者のニーズにこたえよう!そうしたら空き部屋が埋まる!という大家さんが、派手な柄の壁紙でリフォームして、お金かけたのに契約してくれないと途方にくれるよりは。

いっそ「入居する方のご希望の壁紙とクッションフロアでリフォームしますよ」と、20種類くらい壁紙とクッションフロアのサンプルを置いて、不動産屋にアピールしてもらったほうが、きっとすぐ決まりそうな気がするんですけど。

部屋を決めてからけっこう1ヶ月くらいは引っ越しまで時間ある人が多いと思いますし、そういうプチリフォームが普通になると、賃貸の世界も楽しくなるような気がするんですけどね。

なーんて、借りる側の希望というか、妄想を語ってみました(笑)


借りるほうは畳にフリーリングカーペット敷いたり、古いクッションフロアの上に自分でフローリング柄のクッションフロア敷いたり、いろいろと自分の好みにしようと工夫が大変なんですよ(汗)

なので、入居の時にある程度自分の好みを聞いてくれる部屋だったら、きっとちょっとばかり設備が古くても、うれしくなって借りる人が増えると思うんですけど。
不動産業界の方がもし読んでくださることがあったら、大家さんに提案してくれるとうれしいです(笑)


うちは自分で台所のクッションフロアをフリーリング柄にしてますよ♪
http://from1dk.blog81.fc2.com/blog-entry-136.html



FC2 Blog 一人暮らしブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村「一人暮らし」に参加してます。

ポチっと応援していただけるとはげみになります^^♪







Theme : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) * Genre : 日記 * Category : ひとり暮らしを楽しむ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する