個別記事の管理2011-06-19 23:14 (Sun)
今日のJINは号泣しっぱなしでした(涙)
助かったと思わせて泣かせて、あの展開でそりゃないだろうと、もうもうもう(涙)まぶたがはれぼったい状態でブログ書いてます(汗)

さて、先日セブンイレブン版の安道名津が、あまりにも偽物すぎて「なっとくいかーん!」となった話を書きました。
http://piyolife2.blog118.fc2.com/blog-entry-214.html

で、自分でなんとか作ってみようと思いましたが……むずかしい。

何が難しいって、まず穴のあいたドーナッツ状にするのが、ものすごくむずかしいです。

穴をあけると割れてくる。形を整えようとすると穴がふさがる。
というのを何度も何度も繰り返す事に。

実は、普通のドーナッツを作ったことがありません(笑)
正確には、1人では作ったことがありません。
子供の頃に、母が作るのにちょっと参加した程度です。
その記憶では、形を作るのはこんなに困難じゃなかったはずなんですけど。
小麦粉と玄米の違いですね。

ドラマの調理シーンの録画を見てると、かなり玄米のつぶつぶが残ってる状態なので、完全に餅状態にまでつぶしてはいないと思います。

公式サイトにあるレシピでも、半つぶしです。
http://www.tbs.co.jp/jin-final/report/report05.html

こんなところでつまずくとは……と、軽く途方に暮れつつ。
衣つけようとしたところで、またつまづきました。

南方先生!箸で持てません!(笑)

重いんですよ、ずっしりと。

無理に箸でやると確実に壊れるので、手で衣をざぶざぶつけて、天ぷら鍋にほおりこみましたよ。
20110619do-natu1.jpg

手からたれた衣のカスがいっぱい(涙)


できあがり。
20110619do-natu2.jpg

うーむ、あんこが乗ってないと見栄えが(汗)

一個だけ大きいのは、半端に玄米が余るのでまとめてしまいました。

食べた感じは、黒砂糖が少なすぎました。
もっと入れないとお菓子の感じじゃないですね。

そして、一個でものすごくおなかにたまります。
これ、病人が何個も食べるの絶対に無理ですよ。
一個食べて残りは冷凍しました。

次回は黒砂糖増やしてもう少し一個に使うごはんの量を減らして、もっとひらぺったく成形するのが理想ですね。
というか、成形が最大の難関です。

いい菜種油使ったので、ぜんぜん油っぽくなくカラッとあがったのは成功でした。

あの時代なら現代のように、薬品で精製された市販の油のようなものじゃないはずなので。

あ、今の市販の油というのは、薬品を使って原料を溶かして無理矢理しぼる油の量を増やす製法なんですよ。
だから油が熱すると臭うし、胸焼けしやすいんです(^^;

でも原料のカスがほとんど出なくて、廃棄物が出ないことで生産側にはとても便利なシステムですし、その分安価で販売出来るので、安いほうがいいという消費者にもメリットがあります。

私がいつも使ってるのは、平出油屋さんの油です。
スローフードの世界では有名な、昔ながらの製法を守る油屋さんです。

数年前に会津に旅行に行き、この見学会に参加させていただき、それ以来ここの油を使ってます。
http://tambo1.com/l-104.html
油作りの跡継ぎがいないとおっしゃってたので、いずれ買えなくなってしまうかもしれないのが残念です(^^;

他にも平出油屋さんを紹介してるページです。
http://homepage2.nifty.com/karakoroya/sakusaku/1_2.htm
http://foodios.com/kuramoto/hiraide.htm

以前、料理作りにはまってるという男性にごま油を小分けしたところ、その油がなくなって市販のごま油を使ったら、味の違いにびっくりしたらしく、「市販のごま油に戻って、君にもらった油のおいしさがわかった」とメールがきたということがありました(笑)

ぜひおすすめ!という気持ちもありますが、量産出来ない環境で作られてる貴重な油なので、あまりにも購入する人が増えてしまうと、手に入らなくなって困るなぁという気持ちもあります(^^;

ごま油は最近は小瓶タイプも出たので、1人暮らしは油の減り方が遅いので、小瓶は助かってます。



道名津あげるのに多めに油いるので、今回は缶の割安な菜種油を購入しました。






FC2 Blog 一人暮らしブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村「一人暮らし」に参加してます。

ポチっと応援よろしくお願いします♪






Theme : JIN-仁- * Genre : テレビ・ラジオ * Category : 日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する