個別記事の管理2011-06-23 23:01 (Thu)
昨日の続きです。
http://piyolife2.blog118.fc2.com/blog-entry-221.html


状況を聞いてくれた鍵屋さんが言うには、「こういった相談はよくあるんですよ、たいてい犯人は大家さんのことが多いです。大家さんはどこに住んでますか?」


え?大家さん??
下が大家さんの住居ですが……(汗)

実は大家さんが不動産屋さんで、そして下が当時は大家さん一家の住居で上が賃貸という作りでした。
(私が退居した時は、大家さんはもう引っ越して、住居スペースも賃貸で貸し出してました)
大家さん普通の人に見えたし、奥さんもお子さんもいっしょに住んでるのに、そんなことするかなぁ???

賃貸だから勝手に鍵変えるのはいけないと思うので、見積もりとって費用は私が負担して変えたいと、大家さんに相談するつもりなんですと説明すると、鍵屋さんに止められました。

「いや、大家さんには絶対に言わないほうがいいです!言ったら鍵を大家さんが1本預かってしまいますし、大家さんが犯人なら、お金かけて鍵をかえた意味がないでしょう!」

えええ、で、でもここ賃貸なんですが(^^;

「出る時にまたうちに連絡いただければ、元の鍵に戻すことは出来ますから。大家さんが部屋に勝手に入るのは犯罪なんですよ。だから大家さんが犯人じゃなければ、鍵をかえても気付くはずがないんです」

う、ううう、なるほど。

もし大家さんが「鍵をかえたでしょ」と言ってきたら、犯人は大家さんに決定ということなんですね(汗)

女性の一人暮らし部屋での侵入事件ということで、すごく心配してくれる鍵屋さんに説得されて、黙って交換という形にしました。

「盗聴器は大丈夫ですか?」と鍵屋さんに言われて、さらにびっくり。

「こういう時って盗聴器しかけられてることも多いんですよ、コンセントのところは一応チェックしたほうがいいですよ、買ったおぼえのない延長コードとかに仕掛けられてることも」

びびって、コンセントとかスイッチのところのネジはずして、確認しましたよー(涙)
幸い何も出てきませんでしたけど。

鍵を交換してからは、ぴたっとおかしな現象は当然無くなりました。
大家さんから鍵をかえたでしょと聞かれることもなく、そのまま時がすぎて恐怖もなくなってしまい、友人達や職場の人達に半分笑い話にしてこの出来事を話したりしてました。


今の部屋に引っ越すことが決まった時、さぁ困りました。

10年以上たって、お願いした鍵屋さんの名前が思い出せません(^^;

うーん、戻す作業をお願いしても、どちらにせよお金がかかるんだし。
時代も変わって、いまどき鍵の交換しないで部屋を貸したりするような防犯意識の低いことしたら、大問題になる時代ですしねぇ。

事情を大家さんに話して、私の負担で新しい鍵に交換してもらうのが、一番面倒じゃなさそうな気がする。

と思って、大家さんに電話しました。
他にも聞くことがあったので、その別件の話のあと。
えー、話はちょっと変わりまして、お詫びしなければいけないことが、と、切り出しました。

私「実は私がここに引っ越してきてしばらくの間、私の留守中にあきらかに誰かが頻繁に部屋に入ってる形跡があったので、黙って鍵を交換してしまいました。」

と説明したところ。

大家「………………………………」

…………なんですか?この沈黙は。

私「あの、前の住人の時と、鍵交換してませんよね?」

大家「…………してません(ぼそ)」

なんだか、急に口調が違うんですけど。

背中がさーーーーっと冷たくなってくるのを感じながら。

私「一応当時警察にも相談したりしたんですけど。鍵屋さんにも相談して、こういう時は黙って変えて、出る時戻したほうがいいと言われたので…………自分で変えてしまいました、すみません」

大家さん「……あ……はい」

私「今は次の人に貸す時に鍵を交換すると思いますので、その費用を私がお支払いすることで、敷金から引いていただけないでしょうか?それとも元の鍵にやっぱり戻したほうがいいでしょうか?」

大家「あ、いや…………そのままでいいです。退去時に今の鍵を全部いただければ」


あのー。
私はずっと侵入者が、前住人もしくは前住人の関係者だと思っていたんですが。

あの反応だと、本当に大家さんが、もしくは大家さんの家族が、犯人だった可能性も考えてしまいます。
自分が貸してる物件に誰かが入ってたなんて話したら、普通はびっくりしてどんな状況から部屋に入ってると思ったのか、とっさに聞きませんか?
鍵交換したのに気付いてたのに黙っていて、もしかして10年たって忘れてたのを、いきなりつっこまれて絶句したとか?

それともやっぱり前住人関係が犯人で、鍵交換しなかったことでトラブル起きてたことにびっくりして言葉が出なかったとか?

今となっては憶測ばかりで、真相を解明する術はありませんけど。
あの、さーーーっと背中が冷たくなっていく感覚は、忘れないと思います。


今の部屋は契約するときは普通の鍵かディンプルキーか、交換する鍵を選べたので、複製が出来ない高いディンプルキーを選びました。

万が一鍵交換のことを契約の時に言われなかったら、ちゃんとつっこんだほうがいいですよ。
いまだにいいかげんなところも、あるかもしれませんので。




FC2 Blog 一人暮らしブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村「一人暮らし」に参加してます。

ポチっと応援よろしくお願いします♪





スポンサーサイト



Theme : こんなことがありました * Genre : ブログ * Category : ひとり暮らしを楽しむ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by inco
大家さんなんでしょうね・・・今となっては解りませんね。鍵屋さんの話、大家さんが勝手に部屋に入るってあるんですね~怖いです。
ぴよさんの話で思い出したけど、以前にすんでた一軒家で大家さんに外から中を覗かれたことがありました!!その日は平日で有休取って家にいたのですが、気配を感じて窓を見たら、カーテンの隙間から覗いてる大家さんの目と目が合ってとても怖かったです(・・;)
怖すぎて大家さんには何も言えませんでしたが、もちろん引っ越しました。
アパートの鍵なんて、入れ替わりの度に変わってるもんだと勝手に思ってたけど、今度からちゃーんと確認したいです。勉強になりました。
でも、不法侵入だけじゃ、警察は動いてくれないんですね・・・なんかあってからじゃ遅いんですけどね(ー_ー)!!

* by ぴよ
コメントありがとうございます。
うわーっ、incoさんもかなり怖い経験されてるんですね(汗)

今はいろんな法律をネットでカンタンに知ることも出来ますし、借りる側もいろいろ知恵がついてますけど、20世紀の大家さんというのは、「自分の持ち物(物件)に入って何が悪い!」という人が多かった可能性もあります。
不動産屋さんのブログにも、そういう話がありましたし。

初めて1人暮らしした女性専用の4畳半に暮らした時も、寝ていたら大家さん(年配の女性)がいきなり鍵をあけて入ってきて、びっくりしたことがありました。
ぜんぜん悪びれずに「あらいたの、昨日荷物あずかってたから」と平然としてましたよ(汗)

不法侵入も何かなくなってたり破損してたりしたら、警察も動いてくれると思うんですけど。
今だと警察がてきとうな対応すると、すぐにネットに書かれてしまうので(^^;同じような相談にも、もう少しマシな対応してくれる可能性はありますね。
刑事物のドラマみたいに、指紋とって欲しかったなぁと今でも思いますが、たとえ指紋がドアとかから出ても、大家さんが犯人だったら指紋が出て当然、とかになってしまったのかなぁ(汗)とか、ブログ書きながらいろいろ考えてしまいました。