個別記事の管理2011-04-30 23:57 (Sat)
基本的に刑事物とか推理系の話は好きです。
ここ2年ほどは、コナンというマンガにはまってます(笑)
mysteryconan.jpg


先日職場の人が、島耕作の人が昔かいてたという探偵物マンガを「読む?」というので、読む読むとかりたんですけど、その時に「探偵物好きだよね(笑)」と言われました。

「うん、だからコナンは昔苦手だったんだけどね」と言ったら、「あー。なるほど、わかる」と言われました。

昔、たまたま日テレつけっぱなしで土曜日に何度か見た時には、話についていけなかったんです。

まず、中身が高校生探偵の子供という時点で、もう「探偵物」としては受け入れ困難な状態でした。
それありえませんから(^^;

そして、とにかく拒否反応だったのが、推理を語るのに毛利小五郎を眠らせて、蝶ネクタイで声をかえて話すコナン。
なんでみんな寝てることに気付かないのか(汗)

たとえマイクで声をかえたところで、小五郎にスピーカーつけてコナンが遠くにいて話すのならまだ理解出来るんですけど、小五郎の後ろにいてコナンが話したら、コナンの声だってまわりの皆さんに聞こえるでしょ、現実的に考えて。
そして寝てた小五郎が、自分が語ったと納得してるのが理解出来ないし。
コナンが警察動かすのに「小五郎のおじちゃんに頼まれたんだけど」と言うけど、それだけで子供に動かされて、捜査内容をペラペラ話してる警察もおかしいし、あとからつじつまが合わなくならないのが不思議。

それから犯人のトリックも「それ成功率何%??」と、びっくりするようなものが多いですし、それを解決するのに、いろいろとSFですかとつっこむような小道具をコナンが使っているのも、非現実的で無理がありすぎて。

コナンの友達の少年探偵団にしても「えー、小学一年生が??」と、首かしげるほど頭良すぎませんか。
そもそも学校に通うのに戸籍とか住民票とかどうなってるんですか。
江戸川コナンという人間は戸籍上存在してないし、親もいないでしょ。

とにかく、見るたびに「設定に無理がありすぎる!」という、拒否反応が大きかったんですね。
なので、人気があるのは「見てるのが子供だから、おかしな部分が気にならないんだろうなぁ」と思ってました。


うちはケーブルテレビ契約してるので、アニメチャンネルとかも見られるんですけど。
たまたまアニメチャンネルで、まとめて昔のコナン放送してたんですね。

なんだコナンかと思ったんですが、他に見るものなかったのでなんとなく見ていたら。

あれ?

まとめて見ると、ちょっとおもしろいような気がするのは何故だろう。

それをきっかけに、4話分とか5話分とかまとめて放送してるのを見るようになって、キャラクターの細かい設定とか性格がわかってきたり、ストーリーを重視して見るようになったら、だんだん「いやいや無理無理」という部分が気にならなくなってきて、コンビニで売ってるストーリー抜粋したコナンとかも買って読むようになりました。

マンガをマンガとして楽しめば、無理な設定が気にならなくなるものですね(笑)
そして、ストーリーによっては「これって子供が見て意味わかるんだろうか(汗)」と思うような、けっこうむずかしい話も多いのがわかりました。

そして去年は映画も見に行ってしまいました(^^;

去年、大人が子供番組の映画なんて行ってもいいんだろうか、何この人?とか、子連れのお母さんとかに変なふうに思われないだろうかと、ものすごく悩んで(笑)当時映画館勤務だった友達に大真面目に相談したりとか(^^;

そしたら、「今回キッド出るせいか大人の女性客がすごく多い」と教えてもらって、ああ、大人にも人気あるんだ、私だけじゃないんだと安心して夜の時間帯に見に行ったら、夜なのもあって子供いなくて、大人で満席という状態にびっくりしましたよ。

今年も映画見に行ってきましたが、今回はキッドがいない(笑)せいか、それとも雨の日だったせいか、そこまでぎっしりじゃなかったですけど(^^;やっぱり夜の回で子供はいませんでした。

今年の映画は……
私が子供だったら、怖すぎて2回は号泣してます(汗)

昔は、リアルじゃない!と拒否反応だったのに、今は「いやなにもそこまでリアルにしなくていいですから」と思ってしまう私。
視聴者って勝手なものですね(^^;




FC2 Blog 一人暮らしブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村「一人暮らし」に参加してます。




スポンサーサイト



Theme : 日々のできごと * Genre : ライフ * Category : 日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |