個別記事の管理2010-12-16 23:57 (Thu)
昨日「相棒」を見て、ちょっと気持ちが暗くなりました(^^;

無職の35歳男性が事件か自殺かわからない転落死。その男性の過去の内情を調べて行くという話でした。
いわゆるネットカフェ難民を題材にした感じの話でしたけど。
働く意欲はあるのに、正社員になるはずが解雇されたり、結婚しようと思ってた女性に逃げられ、アパートに住めなくなったり、ブラックな会社に騙されたりして、さらに名義貸しに手を染めて、どんどん追いつめられて行く男性。
その男性は医療事務の資格は取ったけど、35歳で未経験の職種、どんなに申し込んでも採用されません。
「35歳に経験をつませてくれる企業はありません」
という台詞が、痛々しかったです。

でも見ていて、なんでブラックな連中にすがったり頭さげたりしてるのかな?それならお兄さんに土下座して助けを求めるという選択肢なかったのかな?とか、ドラマなのにいろいろ考えてしまいました。

最初のほうを見損ねてしまったんですけど、その男性はなぜ派遣だったのかという説明はあったのかな?



子供の頃から、母に言われてたことがあります。
転職ばかりしてる男性がいまして、その人のことを母が嫌ってました。

その男性は、仕事や会社の人が嫌だからとすぐにやめてしまって、また転職する。
だけど仕事というのは、みんないろんなことを我慢してがんばって、何年もそれをつみかさねて、仕事を覚えて信用も作って行くもの。何年もかけてその仕事で一人前になっていくもの。
それを文句ばかり言って我慢も努力もしないで転職を繰り返していれば、自分と同じ年代の人達が一人前になって給料もよくなってる頃に、まだ新入社員で給料も少ない状態になる。
いつまでたってもちゃんと仕事が身に付かないし、同年代より給料も少ないから、そりゃ仕事がおもしろくないままになる。
人間関係だって築けないまま、信用も作れない。
そのうちに、職場で自分の上の人が、自分よりも年下という状態になってくる。
年下に命令される状況がまたおもしろくないだろうけど、そういう状況を作ってしまったのは、ちゃんとひとつの仕事を続けてこなかった自分のせい。


というような話を聞かされていました。
なので仕事というのはそういうものだと思ってますし、自分の働く方向性は20代のうちに確定しないと、現実問題としてきつい未来が待ってるような気がします(^^;

ニュースで派遣難民の人達が、正社員と同じ待遇にしろとか言ってたの見たことありますが、正社員はこつこつと仕事と信用と居場所を積み重ねてきた人達なんですよ……

勤務先の社長がよく、「会社で居場所を保つには、職場で必要とされる人間になること。これなら誰にも負けないというものを身につけること。○○さんがいないと困ると言われるようになること」と言ってますが、それもすごく納得いくことなんですよね。

友人が数年派遣でひとつの会社で働いていたんですけど、年齢的にそろそろ安定した正社員になりたいと転職する計画たててたら、会社から「君がいなくなっては困る」と、正社員採用されて働いてます。


私も、今の職場で必要とされる人間でいられるように、今後もがんばらなくちゃなーと思います。



FC2 Blog 一人暮らしブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村「一人暮らし」に参加してます。

ポチっと応援クリックよろしくお願いします。



スポンサーサイト



Theme : 生活の中で * Genre : ライフ * Category : 日記
* Comment : (11) * Trackback : (0) |

* by 通りすがり
ご自分のブログなのだからお好きなことを書けば良いとは思いますが、とても恵まれた状況でお仕事をなされてきた方のとても偏った意見ですね。
人や仕事が嫌で辞める人なんてほんの一部でしかありません。世の中の大きな渦の中に巻き込まれて、会社が潰れてしまい職を失ってしまう人、長年続けてきたお店が経営不振で泣く泣く続けられなくなる人、派遣は職種により3年満期と決まっているものもあります。

誰も転々としたくてしてる人はいないと思います。それぞれがそれぞれの事情を抱えてそれでも頑張って生きているのだから、「転々としている=我慢できなくて辞めている」という解釈はどうかと思います。
「みんないろんなことを我慢してがんばって」と書かれていますが、その「みんな」にはみんな含まれています。転々としなければならない人も歯を食いしばって頑張ってる人もいます。辛くない人なんていませんし、文句言いたくない人もいません。自分達だけが、仕事を続けられているから「我慢出来ている人」というのは勘違いだと思います。(100%とは言いませんが…)

相互リンクのお願いです。 * by 無線LANガイド管理人じん
はじめまして。私は、「無線LANガイド」(http://www.pidguide.com/adiary.cgi/lan/)管理人のじん(いわゆるハンドルネームを名乗ることをご容赦下さい)と申します。

早速ですが、貴サイト様にて当サイトと相互リンクさせていただきたく、お願い申し上げます。
突然のお願いで失礼かと思いましたが、どうかお許しくださいませ。
貴サイト様へのリンク設置URLは、http://www.pidguide.com/adiary.cgi/lan/01です。

万が一、リンクについて、差し障りや、お気づきの点などございましたら、ご意見お寄せくださいませ。適切に対処いたします。
この場を借りて失礼しました。
では、失礼いたします。
(特に問題等なければ、返信は不要でございます)

「無線LANガイド」管理人:じん
http://www.pidguide.com/adiary.cgi/lan/

* by ぴよ
>通りすがりさんへ
コメントありがとうございます。
誤解をまねくような書き方をして、申し訳ありません。
「とても恵まれた状況でお仕事をなされてきた方」と解釈をされてしまったようですが、私自身、20代前半に勤めていた会社が倒産して、職を失ったという経験もあります。
そんな私を拾ってくれた今の職場も、一時はぎりぎりな状態になって給料もみんなさがって、社長が資金繰りにかけまわり、必死で会社と社員を守ろうとがんばってくれて、そんな社長を見て社員も必死だったという経験もあります。
身内にリストラにあった者もいますので、もちろんいろんな不運に巻き込まれて、特に昨今の急激に不景気になったことで、職を失う人もいる、というのは理解しているつもりです。
それに、もちろん正社員だけが正しいとも思ってませんし、派遣でがんばってる人達もいますので、派遣で働く人達を否定しているわけではありませんし、よく派遣という雇用制度を廃止という案が出てますが、逆にそれで職につけなくなる人がいて大変なことになると思うので、派遣制度廃止にも個人的には反対してます。

ただ昨日のドラマで、(これはもしかしたら録画してまだ見てない人へのネタバレになるからあえて書かなかったんですけど、ネタバレになってしまった人すみません)まるで何者かに襲われたかのように、自分をナイフで切り刻み、飛び降り自殺という最後という真相が本当にやりきれない思いになりました。
それから書きませんでしたが……母が嫌ってたというその男性は一応親戚の者でして、当然私もよく知ってる人で……その人が、去年自殺しました。

そのせいかドラマの話なのに、なんだか昨日から自分を泣きながら痛い痛いと切り刻むシーンが衝撃的すぎたのか、頭にこびりついてしまって、自分の経験や母の言葉や報道の記憶がいろいろ頭の中でぐるぐる考え続けてしまってます。

派遣で働く方々を否定はしませんが、安定しないというリスクは伴うのが原状というのは、ご理解いただけると思いますし、
>(100%とは言いませんが…)
とおっしゃってるということは、あえて正社員という枠にとらわれたくないと、わざわざ就職しないで「フリーター」の自由度を選んでしまった人達もいることを、理解されてるのだと思います。
転々としたくなくてもせざるをえないのではなく、わざわざ自由度の高さを転々とすることを選んだ人達が、年をとって修正がきかなくて、自由にはリスクと責任が伴うというのしかかる現実に愕然としてる人達も多いと思うんです。

それから、もし何か目指してる職があるのなら、若いうちにその道に入ったほうがいい。
年をとってから「やっぱりこの道に行きたい」と思っても、それは現実問題として20代で世界に入るより困難なことです。
うちの職場もちょっと特殊な業界のため、社員募集したところ400人ほど申し込みが殺到しましたが、人事担当(30代半ば)が年齢だけで20代以外は全部断ってました。
(うちは一番年上の社長でさえ40代なので)
そういう「現実」を見ながら、私自身が今の会社にいられなくなったら、同じ業界でも年齢ではじかれちゃうんだろうなと、しみじみ思いました。
そういう意味で、普通だったら解雇されかねない半病人の私を受け入れてくれてる今の職場に感謝しつつ、必要とされるようにがんばらなくちゃなと思ってます。

もしかすると「通りすがり」さんが、不本意に転々としなければならない人の立場で、歯をくいしばって頑張ってる方なのかもしれません。
でも、今正社員で働いてる人も「とても恵まれた状況でお仕事をなされてきた方」という人ばかりではないんですよ……

* by ぴよ
>じんさんへ
大変申し訳ありませんが、うちは相互リンクはおこなっておりませんので、ご理解ください。

* by ぴよ
通りすがりさんへ、追記です。
長文書きながら、大変な見落としをしていました。
通りすがりさんが指摘した「みんないろんなことを我慢してがんばって」というのは母の台詞ですが、母は決して恵まれた状況で働いてきた人ではありません!
母が中学時代に父親(私にとって祖父)を亡くし、中学卒業して働き始めましたが、中卒ということで給料もほとんどもらえないようなところにしか勤められず、就職して半年間は私服を購入するお金もなく、中学の制服を手縫いで縫い直したものを着て出社していたそうです。
(その為長く使えるきちんとしたものにこだわる人なので、安かわ好きな私とはよくケンカになってました)
中卒だとまともな職がなく、同じだけ働いても給料に差のある悔しさから、私が小さい頃から働くことの大切さや姿勢を切々と教えてくれた膨大なお説教のうちのひとつが、今回書いた母の台詞です。
こういう躾を子供の頃からちゃんとしてくれた母。
私が高卒で初めて就職した会社で10代のうちに「この会社に長くいても何も身に付かない何も残らないという覚悟が必要」と、やりたいことがあるなら早く決断しろと、10代のうちから押してくれた会社の先輩。
今の会社で社長から受ける言葉。
そういう人生を左右しかねない大切な指導をしてくれた人々に恵まれていたという意味では、確かに私は恵まれてきたと感謝しています。

* by カナエ
こんにちは。
覚えていらっしゃらないかもしれませんけど、以前腰痛のさらしの話にコメした者です。
私もドラマ見ましたけど、厳しいようですけどあれは右京さんのセリフの通り同情できません。違法行為に手を染めるくらいなら、ぴよさんのおっしゃるような家族に土下座の道を選ぶほうが正しいと思います。
派遣難民支援に実際に協力した工場の人に話を聞いたことありますけど、面接で要望高すぎて向こうから断ってくることに驚いたそうですよ。
住み込む部屋は相部屋は嫌だ、給料が安すぎる、朝が早すぎる(8時から)など、不平不満ばかり。
初めから高い給料は出せないし、相部屋もまず寝起きの場所を確定して生活を立て直すスタートという意識をまず持とうと説教したら、逆ギレされたそうです。
働きだしても叱ると朝出てこなかったり、食費がないので給料前借りしたいと言いながら、煙草は吸ってます。
前借りした翌日いなくなった人もいて、炊飯器やガステーブルなどの自炊環境も用意してあげたのに、室内は弁当容器ゴミや吸殻の山など、散々だったようです。。。
そんなおかしな人達も大勢いますから、採用する側にもリスクが発生するんですよ。でも真面目に働く方もいますから、半年後に数人正社員雇用したそうです。
お試し期間は必要ですよね。

ところで、ぴよさん何時に寝たんですか?
通りすがりなんて失礼なハンドルで[恵まれた環境でお仕事されてきた方][我慢出来なくてやめているという解釈][自分達だけが仕事を続けられてるから]等、偏った解釈で人を責めてるのはどっちなんだろと思いました。
睡眠時間を削ってまで、誠意的に対応する必要なんてないですよ。
大変なご経験をされたお母様のお考えは、間違ってません!
子どもに同じ思いをさせたくないからと、働くことの意味を厳しく教育されていたお母様というイメージです。

派遣は基本的に能力給です。 * by 元派遣社員
派遣は能力で給料が決まってしまうシステムです。
だからみんな働きながら勉強して、資格や技術を増やして「私にはこれだけの能力があります」と、希望の給料に見合う仕事をゲットするためにがんばっていました。
スキルの高さがリアルに給料を決める、自分を磨くのに適した世界でした。

それなのに!
この不景気で底辺の派遣切りがクローズアップされすぎて、派遣=何の能力もないから仕方がなく派遣やってたら切られちゃってネットカフェ難民って、なんでこんなイメージ暴落しちゃったんですか?
昔は正社員よりも派遣のほうが給料いい、スキル高い派遣キャリアウーマンだってめずらしくなかった時代があったんですよ。プロ意識も高かったです。

ドラマは見ていませんけど、35歳でずっと派遣社員?医療事務の資格を35歳で取得?という設定だけに注目すれば、今までの10年何していたの?と冷たい見方をしてしまいます。
確かに今は極端に不景気ですけど、この10年ずっと今みたいな状態だったわけじゃありませんよね。
きちんとスキルを磨いていたのなら正社員雇用の道もあったはずです。

ぴよさんのお母様のお考えはごく一般論ですし、お母様の言葉のどこにも「職を失ってしまった気の毒な方」への非難の要素はありません。

20代のうちに人生の方向性を決めないと将来厳しいというぴよさんの言葉も、当然のこと。

職場に必要とされる人間になれという社長さんの言葉も正しい。

そこに「自分達だけが、仕事を続けられているから「我慢出来ている人」というのは勘違いだと思います。」というお説教は、それこそ勘違いどころか筋違いじゃないですか?

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ぴよ
>カナエさん
コメントありがとうございます。
お母様がさらし使ってる方ですよね。よく覚えてますよ(^^)
ご心配おかけしてしまったようで、申し訳ありません。
文章を一生懸命考えながら書いていたら、すごい時間になってしまいました(汗)誠意的というより要領が悪いのかもです、お恥ずかしい(^^;

ネットカフェに泊まるよりは、相部屋のほうが身体を休められると思うんですけど……
派遣関係の報道で、私もちょっと首かしげること多いです。
食生活がお金がないから毎日コンビニ弁当しか食べられないと言って、弁当+500mlペットボトルがうつったりします。
コンビニ弁当500円くらいですか……
ペットボトル150円くらいですか……
1日の食費1800円としたら1ヶ月で食費54000円って、ものすごく高くないですか(汗)さらに部屋の床には煙草が転がってたりビール缶があったりして、煙草とビールは月いくら?それでお金ないのを社会のせいにするのはちょっと(汗)

1人暮らしのブログさんをたくさん見に行ってますけど、皆さん自炊や節約がんばってますよね。

>元派遣社員さん
コメントありがとうございます。
私は高卒ですし、実は資格もほとんど持ってないも同然の状態…スキル低すぎかもしれません(汗)
なので、勉強して資格いっぱいの方は、本当にすごいと思います。

いろいろと細かくフォローしてくださり、ありがとうございます。
ただ、説明不足な文章書いてしまったのかもしれませんので、その点は私自身反省しなければいけないと思ってます。

>鍵コメさん
コメントありがとうございます。
そうですね、確かにドラマを深く考えすぎてる傾向ありますね(汗)
それからご指摘いただいてる件ですけど、どうも違うみたいです。
ご心配いただき、ありがとうございました。

こんにちは * by t.a.
はじめまして。こんにちは。

そのドラマは見ていませんが、日本の就職事情も厳しいようですね。私は日本、欧州、アメリカでずっと働いてきて、今後も日本に帰る予定は無いのですが、こちらでは「職を転々とする」はいわゆるキャリアと取っていただける傾向があるので、みんな会社をすぐ辞めるように思います。我慢なんて誰もしないようですね・・・逆に一つの会社にずっ~といるのは、あまり評価されません。そこ以外で使いものにならなくなるからです。

日本も最近は似たような感じになりつつあると思っていたのですがどうでしょうか。
ずっと働いてきた会社が45歳過ぎてから潰れたら、会社とともに心中するしかない人も多いですよね。会社のやり方には詳しくなるけど、何一つレジュメにプロフェッショナルな経験として記述が出来ない人も多いようです。

「職場で必要とされる人間になる」が少々やっかいなのは、そもそも日本は、「職業のプロ」ではなく、「その会社のプロ」になることを求めるから。また「〇〇さんがいなくては困る」というのも結構やっかいなんですよね。本来会社って取っ替えが効くシステムでないと成長もないですからね。逆に自分の居場所確保に固執するあまり、会社に害をもたらす人も出てきますし、解雇のない会社ほど倒産しますしね。

私は、会社にある意味人生をかけるのは、それはそれでリスクだと思うし、また会社にも国にも頼るべきではないと考える人間なので、転職・職変え・多いに結構どんどんしよう~と思ってしまうのですが、ただそれで不幸だったら、話は別です。その場合はやはりぴよさんがおっしゃる通り、ある程度の我慢は当然だと思います。

要は自分の性格に合った環境を頑張って作るしかない。今は世界中で仕事を探せる時代ですしね。ぴよさんがおっしゃりたいのも要はそういうことでしょうかね (^ ^)